夜中に目が覚める 140917配信号

本メールマガジンは、日頃お疲れのあなたのために短時間で

できる健康チェック法やセルフケア方法をお届けします。

あなたの健康のお手伝いになれば幸いです。

_______________________________

【本日のメニュー】

1.本日のテーマ

2.本日のワンポイントレッスン

3.セルフケアではもう無理という方はこちらへ

_______________________________

1.本日のテーマ

「夜中に目が覚める」

_______________________________

40代半ば以降の更年期のお年頃の方が
共通しておっしゃっる睡眠時のお悩み

それは
午前2時とか4時に目が覚める
または
午前3時とか5時に目が覚める

あともう一つ
明け方に足がつる

どちらかの方もいれば
両方経験される方もいっらっしゃいます。

これはどうしてこの時間に共通しているのか

1日でもっとも体温の下がる時間が
午前3時から5時
だからなんです。
この時間は喘息や狭心症の発作なども起きやすく
人が最も死にやすい時間帯なんです。

更年期くらいのお年ごろの方は足元が冷えるんです。
また、平熱が35度代の低体温の方も多くおられ
自覚はなくても体が冷えている方が多いのですが

体が冷えている方は
体を冷やす要因の一つである体内の余分な水分を
体外に排泄させて、体温をあげようとするんです。

それで、夜中だいたい決まった時間に
目が覚めてなんとなくトイレに行って
みたいになってしまうんです。

夜中に目が覚めるのを防ごうと思ったら
摂った水分をある程度排泄してから寝るように
水分の摂取する時間を考えるとか
摂取する水分の量を調整するとか
しっかり体を温めてから水分をとるようにして
余分な水分を体にためないことが大事です。

そして、寝る時に身体を冷やさないように
かけ布団を工夫するとか
夏場でも足元を冷やさないようにする
ことが大事です。

体温を上げる方法としては
入浴
運動
腹巻をする
ストレスをためない
前向きな思考
体をあたためる食べ物を飲食する
塩気をとる

体温を上げるのは
ちょっと根気がいりますが
その後の体質を改善してくれるものなので
継続されることをおすすめします。

是非お試しくださいね。

以上が、「夜中に目が覚める」でした。

_______________________________

2.本日のワンポイントレッスン

_______________________________

水分の摂り方を工夫する、そして体を温める

______________________________

3.セルフケアではもう無理という方はこちらへ

_______________________________

セルフケアでは、もうどうにもならないという方は 人の手を借りましょう。

人の手を借りたいという女性の方はこちらへ

女性専門の整体院 天使のわ

(カイロプラクティック、オステオパシー、キネシオロジーなどの手技を使います)

高槻市 茨木市の女性専門整体院・カイロプラクティックなら天使のわ

首こり

肩こり

腰痛

膝痛

頭痛

不眠

どっぷり疲れている

姿勢をよくしたい

骨盤矯正してみたい

猫背を改善したい

という方のお役に立てると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<天使のわの理念>

天使のわは、人々の心と身体を健康にすることにより
生活・人生の質の改善と向上させより豊かなものとして
人生をいきいき、キラキラと輝かせるお手伝いをすること
を目的として活動しております

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2014 Yukimi Tashiro/天使のわ All rights reserved

——————————————————————

◇超簡単誰でもできる3分間セルフケア◇

【発行者】天使のわ 田代

【Eメール】office0088★gmail.com(★ を@にして送信して下さい)

◆天使のわ公式ホームページ

高槻市 茨木市の女性専門整体院・カイロプラクティックなら天使のわ

関連記事はこちら

夜眠れない方へ 110315配信号

寝る前に身体の力を抜く(その1)  110426配信号

寝る前に身体の力を抜く(その2)  110510配信号

不眠がすっきり熟睡を目指して 121120配信号

あなたが思っているよりもずっと大事な睡眠 140513配信号

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話で予約 090-4286-8843