顎関節症を改善するためにした方がいいこと・しないほうがいいこと

顎関節の痛みは食事や口の開閉時の痛みだけではなく、場合によっては激げしい痛みを伴いあらゆる集中力を奪うつらいものです。
一日も早く改善したいとの思いで様々な改善方法を探されていることと思います。
私はこれまでの顎関節の痛みで悩む多くの方々の施術をしてきました。
その経験をもとに、顎関節の痛みで悩んでいる方が治療法を選択する際の参考になればとの思いでこの記事を書いています。

顎関節症の分類

日本顎関節学会によると顎関節症は次の5つの症型に分類されます。

顎関節症Ⅰ型:咀嚼筋障害(咀嚼筋障害を主徴候としたもの)

顎関節症Ⅱ型:関節包・靭帯障害(円板後部組織・関節包・ 靭帯の慢性外傷性病変を主徴候としたもの)

顎関節症Ⅲ型:関節円板障害(関節円板の異常を主徴候としたもの)
a:復位をともなう関節円板転位 b:復位をともなわない関節円板転位

顎関節症Ⅳ型:変形性関節症(退行性病変を主徴候としたもの)

その他(顎関節症Ⅴ型):Ⅰ~Ⅳ型に該当しないもの

簡単にいうと・・・
Ⅰ型は筋肉によるもの
Ⅱ型は関節を支えている靭帯によるもの
Ⅲ型は関節によるもの
Ⅳ型は加齢などによって変形したもの
という事です。

マウスピースを使うとは顎関節症の改善になるのか?

日本顎関節学会が製作した「顎関節症患者のための 初期治療ガイドライン」を引用すると
あごの筋肉が痛いとき、スタビライゼーションスプリント(マウスピース)は有効なのかという問に対して

『スタビライゼーションスプリントを使った治療を受けてもいいでしょう。  
(GRADE 2C:弱い推奨 /" 低"の質のエビデンス)。  
咀嚼筋痛を主訴とする顎関節症患者において、適応症・治療目的・治療による害や負担・他治療の可能性も含めて十分なインフォームドコンセントを行うならば、上顎型スタビライゼーションスプリント治療を行っても良い。』

(※)ここで言っている「スプリント」とは、上の歯全体を覆う薄い透明なプラスチックの「マウスピース」のこと。

(※)エビデンスとは、その治療方法が有効であるのか?という根拠となる検証結果、臨床結果のこと。

(※)弱い推奨とは、半数以上の患者は示唆された診療方法を希望するはずだが、その診療方法を希望しない患者も多いということです。

簡単にいうと・・・
口の開け閉めに使う筋肉の痛みを主な症状とする顎関節症の場合
その治療にあう病気か?
治療を行うとどうなるのか(筋肉の疼痛が軽減されるのか?)
他の治療法はどのようなものがかるのか?
などの説明を 十分に受けた後なら、上の歯につけるスタビライゼーション型というスプリント治療を希望しても良いということです。
ただし、希望されない方もいると思います。

使用してもいいが、エビデンスは相当低いというのが答えです。

歯を削る噛み合わせ調整は顎関節症の改善になるのか?

日本顎関節学会が製作した「顎関節症患者のための 初期治療ガイドライン」 を引用すると

『いきなり歯を削るかみ合わせの調整を受けるのは、できるだけ避けましょう。  
(GRADE 1D:強い推奨 /" 非常に低"の質のエビデンス)。  
顎関節症患者において、症状改善を目的とした咬合調整は行わないことを推奨する。』

(※)強い推奨:ほぼ全員がその推奨に沿った診療を希望し(歯を削らないことを希望する)、ほんの一部の人たちが受け入れないだけだろう。

健康な歯は削らないほうが良いですよね。
顎関節の痛み原因の9割以上は筋肉の問題です。

顎関節が外れる恐れのある行為

顔を真上や真下に向けた状態で大きな口開ける行為

(例えば、あくびや吐くの開口時)

顎関節症の時にやってはいけないセルフケア

顎のまわりの筋肉をゴリゴリほぐす

開かない口を無理やり開ける、開けようとするリハビリ

このようなケアは顎関節の状態を悪化させる事が多いです

顎関節症・顎の状態が悪くなる姿勢

姿勢が悪くなると重い頭(頭は成人で5キロ~7キロくらいの重さがあると言われています)を支えて、背中や肩、首の筋肉は常に緊張状態になります。
体側では3~4キロの腕を支えるための筋肉も緊張状態になります。
そして顎には視線を前に向けるため前に向かっての力がかかってきます。
顎関節では、前に向かってかかった力に逆らって顎関節に関係している筋肉、靭帯にそれを支えるように力が常にかかっているのです。

姿勢が悪い状態が長時間続くと顎関節を支えため顎関節に関係している筋肉、靭帯に相当な負担がかかります。
まずは、スマホやパソコンに時間を軽減したり、姿勢を整えて顎関節に生じている負担から解放してあげましょう。

顎関節症は整体で改善できます

つらい顎関節症を1日も早く改善したいなら
顎関節症は整体で改善できます。    

顎関節症を改善できる整体をお探しなら 

↓↓↓こちらを今すぐクリック↓↓↓

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話で予約 090-4286-8843