靴底の減り方気になりませんか? 150415配信号

本メールマガジンは、日頃お疲れのあなたのために短時間で

できる健康チェック法やセルフケア方法をお届けします。

あなたの健康のお手伝いになれば幸いです。

_______________________________

【本日のメニュー】

1.本日のテーマ

2.本日のワンポイントレッスン

3.セルフケアではもう無理という方はこちらへ

_______________________________

1.本日のテーマ

「靴底の減り方気になりませんか?」

_______________________________

あなたは、どのような靴をはかれているでしょうか。

ヒールの高い靴
ぺったんこの靴
すりっぱのようにかかとがカバーされていない靴
スニーカー
ブーツ
などなど

特に女性はおしゃれを足元からされる方もおられ
健康や身体のことよりもファッション性を優先してまう方も
多いのではないでしょうか。

靴一つでおしゃれが決まったりします。

でもどんなにきれいな靴をはいていても
歩き方でだいなしってこともありますよね。

靴をひきずるように歩いていたり
ヒールが折れそうになっていたり
靴底に穴があきそうになっていたりと
かなり身体のバランスが悪い方もいらっしゃいますね。

でもなかなか自分の歩き方ってわからないものです。
そこでチェックしていただきたいのが
靴のかかとの減り方なんです。

靴のかかとって正しく歩けていたら減らないって思っていませんか。

実はそうではないんです。

正しい靴底の減り方は
左右の靴のかかとの外側が均等に減っていく
なんです。

これが左右の靴の減り方に偏りがあったり
靴の内側から減っていったりしていると
正しく歩けていないってことが考えられます。

正しく歩けてないってことは
身体がどのようになっているのかというと

身体の重心が身体の中心にないってことなんです。

身体に重心が外側にあったり
左右の片側にずれていたり
後ろ重心になったり
しているんです。

ではどのような生活習慣が
身体の重心を偏らせてしまうのでしょうか。

よく座椅子に座っている
椅子に浅く座って背もたれにもたれている
座った時に脚を組む癖がある
立っている時に片側に体重をかける癖がある

いかがでしょうか。
結構無意識でやっていませんか。

ではどこに身体に重心がくるのが正しいのでしょうか。

まず立っている時
この時は足のかかとにくるのが正しい立ち方。

そして動いている時は
足の土ふまずのあたりなんです。

そして立っている時のいい姿勢とは
耳の穴から肩先、股関節、かかとのラインが
まっすぐに並ぶと重心がととのって楽でキレイな姿勢になります。

ちょっと意識するだけでキレイな姿勢になれます。
キレイな靴とキレイな姿勢で街をさっそうと歩きたいものですね。
是非お試しくださいね。

以上が、「靴底の減り方気になりませんか?」でした。

_______________________________

2.本日のワンポイントレッスン

_______________________________

身体の重心を意識してみる

______________________________

3.セルフケアではもう無理という方はこちらへ

_______________________________

セルフケアでは、もうどうにもならないという方は 人の手を借りましょう。

人の手を借りたいという女性の方はこちらへ

女性専門の整体院 天使のわ

(カイロプラクティック、オステオパシー、キネシオロジーなどの手技を使います)

https://office-88.net/

首こり

肩こり

腰痛

膝痛

頭痛

不眠

どっぷり疲れている

姿勢をよくしたい

骨盤矯正してみたい

猫背を改善したい

という方のお役に立てると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<天使のわの理念>

天使のわは、人々の心と身体を健康にすることにより
生活・人生の質の改善と向上させより豊かなものとして
人生をいきいき、キラキラと輝かせるお手伝いをすること
を目的として活動しております

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2015 Yukimi Tashiro/天使のわ All rights reserved

——————————————————————

◇超簡単誰でもできる3分間セルフケア◇

【発行者】天使のわ 田代

【Eメール】office0088★gmail.com(★ を@にして送信して下さい)

◆天使のわ公式ホームページ

https://office-88.net/

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話で予約 090-4286-8843