アイシングの行い方

アイスバックを作ります

①保冷剤や氷をビニール袋に入れます。

②①の袋に水を入れて振ります。

氷についた霜をとり、凍傷を防ぎます。

③水を捨てて氷を平らにします

④袋の空気を抜いて袋をしばれば、完成です。

患部への当て方

①まず患部を20分~30分ほど冷やします。

皮膚の感覚が冷たい感じ→ヒリヒリする感じ→しびれて感覚がなくなる感じ、と時間の経過と共に変化します。こうすることによって深部まで冷やします

※30分以上すると今度は反応性の血管拡張が起こってしまい、腫れが増大するので注意が必要です。
感覚がなくなったら時間に関係なく冷やすのをやめて下さい

②その後時間をかけて(約40~60分)感覚を取り戻します(長くても約1時間まで)。

③感覚がもどったらまたアイシングを開始します

これを24時間~48時間繰り返すのが理想です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

電話で予約 090-4286-8843